マーケティングから開業後フォローまで

開業地の選定から医院建物設計・デザイン提案、開業準備から開業後の支援までもすべておまかせください。
プラン実現への最短・最適化システムできめ細かくサポートします。

医院の経営理念や経営方針の決定 経営者としての開業の理念・方針をお伺いし、今後の提案の参考にさせていただきます。
 
マーケティングリサーチ
(診療圏調査)
診療圏内人口・競合医院数などを調査し、医院開業に適した立地であるかを判断し、ご提案いたします。
 
立地の選定※1 医院の立地や営業形態を提案し、より希望に合ったものを選んでいただきます。
形態※2
一戸建て、レントクリニック、テナント、医療モール、医院承継・・・
 
事業計画 土地・設備・当面の運転資金・収支見込、開業までのスケジュールなど、あなたの医院にとって何が必要で何が不必要なのかを冷静な目で判断し、本当の意味での『無理のない開業』をご提案いたします。
 
資金計画・調達 医業収入(診療収入)計画・医療原価計画などの損益計画や採算性の検討などを行います。
土地や建物・医療機器などの設備投資や資金調達に関するご提案や会計士・税理士のご紹介をいたします。
 
医院の設計 『はやる医院』づくりのために、周辺環境・機能を考慮したローコストだが効率的で使いやすく、患者様からみて安心できる医院設計(ユニバーサルデザイン・院内感染防止策など)をご提案します。
 
医療機器の選定 医院に必要な医療機器を見きわめ、一部の商品を除き、メーカーから直接先生方に商品をご紹介いたします。
 
従業員の募集・採用 『はやる医院』づくりには、スタッフの良質なサービスが不可欠です。特に患者さんと直接接するスタッフの選出には力を入れる必要があります。開業準備で忙しいドクターに代わり、スタッフ募集広告・申込者との対応などを引き受け、さらに面接立会・不採用通知などもお手伝いさせていただきます。
 
宣伝・広告の選定 院名・シンボルマークやロゴマークの決定、広告媒体の選定・PR方法・・・
病院の経営者は先を読み、刻々と変化し続ける経営環境に対応しなければなりません。
治療法・薬品・医療機器などの最新情報や、医療行政の変化をタイムリーに提供します。
 
諸官庁申請 保険所・医務課など、諸官庁への申請をスムーズに進めるため、業務代行します。
(診療所開設届、保険医療機関指定申請、保険医登録申請、 労働保険関係成立所、事業開始申請、雇用関係的用事業所設置届、労働保険概算保険料申告書、青色申告の届出書、開廃業等届出など)
 
開院準備 近隣の病医院や自治会に挨拶、メーカーとの立会い、見学会、記念撮影などのご提案をいたします。
 
開院  
 
開院後 開業後、地域住民や患者さんに親しまれ、信頼を深める診療環境づくりの情報をご提供します。
また、金融商品、資産形成計画作成指導、経営・税務・人事・保険等にかかわるもの全ての相談及び提携業、その他臨時的発生事項などをしっかりサポートいたします。
   

立地
  メリット デメリット
駅  前 人気のある立地。駅の1日の平均乗降客数・駅の出入口数・動線などを調査し検討するべき。 他の医院が参入してくる可能性が高いので、常に魅力作りを意識しなくてないけない。
商業施設
周辺
スーパーマーケットは相性がいい。食料品だけでなく衣料品や雑貨も取り扱っている店の方が良く、大きすぎない店舗がなお良い。 他の医院が参入してくる可能性が高いので、常に魅力作りを意識しなくてないけない。
商業施設内 集客力があり、駐車場があれば診療圏が広がる。複数の診療科目を揃えて、広告費の削減も可能。大規模店舗ほど良い。 小規模・中規模の店舗だと、集客が望めないこともある。
ビジネス街 競争が激しく、市場調査が必須。
(診療圏内の事業者数・昼間の人口)
充分な下調べ・企業調査をしても、開業の余地が無い事もある。
住 宅 地 利便性の高い、駅やバス停などの動線上が良い。医院が少なければなお良い。 利便性の注視と他に開業している医院が多い。
郊外のロードサイド 医院の位置、車の流れ、看板の位置や入りやすさが重要となる。10台程度の駐車場があれば、診療圏は広がる。 河川や線路などがあれば、診療圏を分けてしまう。
計算して看板等を作らないと効果が全くなくなる事がある。

形態の選定
  メリット デメリット
一戸建て 設計が自由にできる。住居兼用が可能。
駐車場を作る事で、悪天候時でも集客が可能。
費用がかかる。
レントクリニック 設計に自由がある。
内装のみなので、土地購入費・固定資産税が発生しない。
担保の用意が必要となる。
家賃が高くなることがある。
テナント 費用が抑えれる。
医療ビルであれば、医療ネットワークが享受できる。
広さ・設備スペースに制限がある。
駐車場の確保が困難。ビル内の上下移動の問題。
医療モール 他院と協力する事で、相乗効果がある。
(利便性がある。)費用が抑えれる。
広さ・設備に制限がある。
スペースの共有問題が発生する可能性がある。
医院承継 患者・建物・医療機器などを引き継ぐ事が可能。
認知されている。
営業権が高額の場合がある。

▲このページのトップへ